エロ情報まとめ アダルトスクープ

新幹線のトイレで同僚にバックでハメられた

キスを行っている男女 私は仕事の関係で同僚と一緒に新幹線に乗ってある地方に向かいました。
同僚とは以前から頻繁にお酒を交わす仲の良い関係で、
お酒を飲みながらエッチな話をして盛り上がる事もありました。
しかし、この時はまだ肉体関係とかはなかったです。
そして、新幹線に乗って移動している時に同僚が言いました。
「次の駅、停車時間長いからトイレでも行こうよ!」
正直、私の頭の中は「???」な感じでしたが、とりあえずうなずいた。

仕事中に同僚と中出しセックスを行った…

そして、トイレの前に着くと周りをキョロキョロ見渡している同僚。
何をしているのか気になっていると
「よし!今だ!!!」と言って私の手を握り、強引にトイレに入れられた。
混乱した私は「あなたの用を足している所なんて見たくないわよ!」というと、
いきなりキスされ胸を揉まれる。
私はクリトリスと同じくらい胸を揉まれると感じてしまうので、
すぐにヘナヘナになってしまった。
そんな状態になってもキスされながら胸を揉まれ、
もう片方でスカートをまくられパンツ越しに刺激される。
この時点で立っている事が辛くなっていたので「止めて…感じちゃうから…」
と淫乱な言葉を発してしまった。
そうすると少しだけ休憩を与えてくれたのか、責めを止めした。
そして床に座り込む私を見つめて、
同僚がペニスを出しました。
口を開けずに迷った表情をしている私の口に強引に入れて、
少しの臭さとしょっぱさにフェラ好きの私は舐め始めました。
そして、トイレに入って10分程度経ったでしょうか。
「もう我慢できないからしちゃうよ!!」
そういって彼はスカートをまくってパンツを脱がすとバックで挿入しました。
フェラをしている時に思ったのですが、
今まで何本のペニスを咥えてきて一番の大きさ。
「おっきい!入らない!」そんな弱音を吐いていると、
半強制で挿入され、張り裂けそうだったけど、
グチョグチョに洪水している私のアソコは素直に受け入れました。
そこで気づいたのですが、私は新幹線の中と言う事を忘れて狂うように感じてしまっていたんです。
でも、狂ってしまうように気持ち良かったんです。
そして、無用心にも生挿入を拒まなかった私は、彼が私の奥で射精する瞬間を味わいました。
人生初めての中出しは新幹線の中で彼氏でもない同僚からでした。
この後は二人で仲良く席に戻り、営業先に向かいました。